歯医者で歯石除去をしてもらおう

歯垢は、48時間(2日)経過すると歯石になります。

歯石は歯垢が石灰化したもので、口臭や虫歯、歯周病の原因になります。
歯石は石のような固くザラザラしたものなので、その部分に歯垢がついて溜まり、それが発酵して口臭を発生させます。


歯茎の中に歯石が溜まると、歯周病のリスクが高くなります。
さらに進んで歯茎が腫れて膿が出てくると歯槽膿漏になります。
歯槽膿漏も口臭の原因になります。
歯槽膿漏を放置してしまうと、骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう危険性もあります。



もし歯石ができてしまったら、歯医者で除去してもらうと良いです。

@niftyニュースの情報ならお任せください。

それ以前の段階であれば、歯垢除去で歯と歯茎の境目の歯周ポケットに潜んでいる歯垢を除去してもらえば大丈夫です。歯医者で行われているのはPMTCという技法で、これで歯垢を取ってくれます。

最後に歯の健康維持のためのフッ素を塗ってもらえます。

歯垢より進んで歯石になってしまったら、自分だけの力では除去できません。

歯医者では、スケーラーというフック状の器具を使ってスケーリングという方法で歯石を除去します。
スケーリングで取れない歯石は、ルートプレーニングという手法で除去します。


歯の根っこの部分の歯石取りに使われます。



他にも、フラップ手術という外科手術で歯石を除去する方法もあります。

歯の根っこの奥についてしまった歯石除去のための方法で、歯肉を切開して歯の根っこを露出させて歯石を除去する方法です。

口臭、歯周病予防のためにも定期的に歯垢、歯石除去を受けましょう。