インプラント治療、費用の負担を軽減する方法とは

インプラント治療、費用の負担を軽減する方法とは

「インプラントにしたいけど、費用が気になって…」とお考えの方は多いのではないでしょうか。

確かに、保険が適用されやすい入れ歯やブリッジなどと比較すると、自費診療治療となる施術ですから、やや高額に感じるかもしれません。しかし、インプラント治療には、とても大きなメリットがありますから、単純な価格比較だけで、治療法を選ぶのは、もったいないかもしれません。
また、ある制度を利用することで、費用の負担を抑えることも可能なのです。

インプラントは、チタンで作られた人工歯根を、一本ずつ顎の骨に埋め込んでいく治療であり、その費用は一本あたり30~50万円程度といわれています。

保険診療内の差し歯が5~8千円程度なことと比較すると、高く感じるかもしれませんが、耐久性や審美性に大きな差があるのです。

保険診療内で差し歯治療をした場合、変色しやすく、長持ちしないケースもあるのです。



自費診療の差し歯にした場合、必要な費用は8~20万円となり、インプラントとの差はそれほどなくなります。

咀嚼力の違いや、審美性を考慮すれば、人工歯根の価格も、納得の行くものではないでしょうか。

nanapiの詳細情報となります。

とはいえ、治療費はできるだけ、負担の少ない範囲で抑えたいものです。



実は、インプラント治療にも、医療費控除という制度が適用されます。

医療費控除は、一年間に10万円以上の医療費を払うと、一定金額を所得金額から控除してもらえるという制度です。

直接治療費が安くなるわけではありませんが、トータルでは大きな節約となるでしょう。